Entries from 2016-08-12 to 1 day

545

すぐ近くにあの子の気配を感じる縁側の端 納屋の前に座って 干された下着をモビールのように 眺めている 花の刺繍がついたレースの下着 15歳で死んだあの子は つけたこともなかっただろう 90年代の田舎町で まだインターネットなんて無かった あの子はわたし…