12

泥だらけの長靴を履いた少女
ダルメシアン柄のレインコートを着て
傘は差さずに鼻歌混じりにスキップして歩く
すれ違う酔いどれたち皆 振り返り
不思議なメロディーを聴こうとするけれど
交差点を渡るたび
信号機に口付けて赤くさせるから
誰も追いつけない
木曜日の夜
Remove all ads