13

君の顔が思い出せなくなって
どれくらい経つだろう
繋いだ手の感じはうんざりするほど
よく覚えているのに
夢の中で透明になった君の手は
少し汗ばんでいた

Remove all ads