46

何処へも行くあてがないから 此処にいるだけで 理由なんて何もない その時に向けて 準備を整えなければならないだろう 残された時間は短い


痛みは平等に与えられている
人格が破綻していると言われても わけがわからず 曖昧に笑うより他にどうしようもなかった 放課後 私はどの屋上からも飛び降りなかった
Remove all ads