58

ある種の女の子たちは  短くも 若さと美しさの両方を手にしている季節にいることに気付かないで それを知っている 悪いおとなたちに 摘まれてしまう しかも彼らは 花屋で一番きれいな花だと言わんばかりに 選んだかのような気持ちにさせるから 周りの男の子たちが 何かを言っても聞こえていやしない けれどそれだってまた 若さゆえの過ちであったと いつかは想い出のひとつにもなれば

Remove all ads