60

壊れそうな程愛していたはずだった 事実壊れた 壊されてしまった わたしの尋常 平穏な日常 安定した情緒 損なわれて救いを求めた先に 神も仏も無かった 壊れてしまった人格で 何を祈れば良かったというのか いいえ なにも 誰も愛してなどいなかった 欲しかったのは 望んでいたのは 一体何だったのだろう 思い出せない もう 何も思い出せないんだ


だからいま 愛したはずだった人が 祝福を受けたことを知っても よく解らない ただ 人生は短いから 傷つけ合うよりは 愛し合った方が良いと思うだけ 引き裂いて 踏み躙った数多の花のことなど忘れて どうぞ末永くお幸せに 異常な精神 不穏な将来 衰弱した神経で錯乱 損なわれても 補うものは与えられない 求めるものがわからない いいえ なんでも 誰も彼もを愛していた 全部 好きだった 神も仏も信じていた でも もう 解らないんだ 何もわからないんだ 


いいえ ぜんぶf:id:mrcr:20150414232849j:plain
Remove all ads