102

態とでも辛くされることが 悲しい 打ち明けることが 許されない 蜜の味 理解も 拒絶も 粉々に破り捨ててしまいたい 何も要らないし 失くすよりも

Remove all ads