118

金曜日の夜に ちいさな花束を持った女の後ろ姿が寂しくても 追いかけることはしなかった 透明な精液のぬめりを思い出す 太鼓を打つ音が止んで  私は本棚の隙間から這い出してきた一匹の虫を 殺した

Remove all ads