126

額がぶつかりそうな小さな机の上で わたしは愛を囁かない ただ珈琲を味わうだけ それが無言の至福のときだと お互いに理解しているから
Remove all ads