127

壊れても 油を注しては誤魔化すばかりで 修理に出すのもままならぬ日々を 願っていたわけではなかったし 引き換えてでも欲しかったはずの 生活は幻であった 彼女が 誰の手も借りずに 肉体の求めるまま 眠ることが出来たらば 何人にも妨げられずに 心を休むることが出来たらば佳いのに 壊れて動けなくなってからでは 遅すぎるのだ 健やかであれ

Remove all ads