146

何を言いたいの と 泣きながら女が小さく叫ぶ
男は口を濁して 何か言っているがわからない

何を言いたいのか は 何を言っているの とは違う 伺いの疑問で 即答を求めるには弱いのだった 壁にもたれるように崩折れた彼女は まっすぐ家に帰れただろうか 風もない 海もない 街の片隅から
Remove all ads