169

提灯が揺れている夏の宵 この街から抜け出せないわたしは 未だに下手くそな踊りで 一等上手に笑いながら踊った男の名を 誰も知らなかった 恐らく根の国は近い 

Remove all ads