184

枯れた向日葵は夕立に打たれて
ばらばらに散り
昨夜の花火の燃殻は
バケツの底に沈み
蝉の断末魔も終わらぬ内に
蟋蟀が歌い出し
誰もいない校庭の片隅で
ひっそりと死んだ
誰かの夏
Remove all ads