197

アルコールが押し流して行った日曜日 わたしは途方に暮れたまま むかしの夢ばかり見る 震える手を握り締めてくれた あの人の陽に焼けた骨張った手 今も何処かで 誰かを慈しんでいるだろう
Remove all ads