202

蔓延する午睡 海のはし 穏やかに暮れてゆく夕陽のもとで わたしは箱の中の黒い真珠を数える はやく数えてしまわなければいけない じきに暗くなり 何も見えなくなってしまう はやく はやく 夜に隠れてしまう 急がなければ はやく 後ろから悪魔がやってくる はやく ひと粒残らず みんな はやく はやく
Remove all ads