207

雨が降らなかった街を 娘たちは 膝まである長靴をかたかた鳴らしながら歩く 夜の窓はまだ明るく 点々と生活を記しながら続いている
Remove all ads