209

透明なゼリーのなかに沈んでゆくような気分 きらめく太陽のひかりは ホログラムのラメのよう 痺れるような眩暈を感じながら わたしはあなたの名前を呼ぶ 永遠の美しさを祈って
Remove all ads