216

なにごともない金曜日の夜 列車の遅延は だれかの死がもたらしたが それでもまた ダイヤは戻されてゆくのだった

Remove all ads