244

彼女の瞳の色に似た毛糸を買ったので 冬はもう平気 白雪姫のような あの人 ブルネットの髪 眼はブルーだったし 唇は愛らしかった リエージュの街角で 彼女はポケットから こっそりと フィルムケースに入れた 枯葉のようなものを見せてくれた まだ デジタルカメラスマートフォンも 無い時代だった
Remove all ads