254

何度冬が来ても構わない 生きているあなたに会うことが許されているならば その事実だけを頼りに わたしは 
Remove all ads