261

だんだん短くなってゆく陽は 枯葉にその鮮やかさを託して 夜に消えてゆく 水辺はもう色彩を失い 水銀のように凝ってしまった
Remove all ads