269

遠くに暮らす青年から無事の沙汰 手を下しさえしなければ 生きられるものだ 逃げられる限り 逃げたらば佳い 終わりはいつも孤独
Remove all ads