Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

270

清き流れは海へ注ぐ その出ずるところや何処 碧い眼の船乗りは 港の無い街で 朝陽のような酒ばかり飲んでいた 浴びるように 鮮やかに

f:id:mrcr:20151111223829p:plain

Remove all ads