276

霙になりそうな夜 まだ弛んだ空気がはらむ 致命傷になれない苦痛が ゆっくりと首筋をなぞり そのまま部屋のなかへ 沈んでゆく いっそ凍てついてしまえばいいのに 湿った真綿は じくじくと
Remove all ads