296

アルコールでゆるんだ血液のような 暗い緋色の流動体 底に沈んだ金色のちいさなラメが 揺れるたび乱反射して とてもきれいだった いまはそのなかにいる
Remove all ads