332

かつてエマとナターシャというふたりの友人がいた イングランドのハイスクールに通う 同じ歳の女の子で わたしは彼女らと 好きな音楽について延々と (当時はBBSが盛んな時代で) チャットしていた エマは黒髪で緑色の瞳 ナターシャは金髪碧眼の北欧系の娘だった パンク ロック メタル 激しく尖った音楽を わたしたちは好み そして 同じように 少しだけ「浮いて」いた

 
ある時友人に「あんたはcrazy(イカレてるん)じゃないわ ちょっとstrange(変わってる)ってだけ」と 慰さめられたが それは絶妙に 的を得た言葉だったかもしれない わたしたちは少しだけ Stranger  で 多分 空を「飛んで」た
Remove all ads