373

あなたのいる海が 広く 青く 透きとおってゆきますように 凍えることなき対岸は 水漬く屍で濁るけれど いつかは砂浜になるのだろう 骨 あなたの喉仏の白く 脆い骨を 囓る日が来ませんように
Remove all ads