399

知らないひとから手紙が届いた ブルー・ブラックのインクで描かれた 神経質そうだが 細やかな愛情を感じさせる筆記体でつづられた署名を見て 夢のなかのわたしは とても喜んでいた それが誰であるか まったく知らなかったのに


異邦人の春に 真っ赤なアネモネの花を 


Remove all ads