417

嵐が来るという あす 花はすべて散ってしまうだろう 残る桜も散る桜とはよく言ったものだが 若葉の芽吹く木々は美しい

とうに終わってしまったはずの日々を 惰性だけで生きているのに わたしはまだまだ この世を愉しみたい あなたと休暇を過ごしたい 小舟に乗って 鱒釣りにゆきたい 太陽の眩しさと 水面の煌めきを見たい 覚えたての言葉で歌いたい あたらしい歓びのうたを あなたは教えてくれる?
Remove all ads