Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

420

きみの存在 もうとうに実在していない きみの生きていた証 遺灰ですら 風に吹かれてしまった きみの せめて感覚だけは ずっと覚えていられるはずだったのに 今ではほとんど 感じられなくなってしまった 春の湿り気を帯びた午後に わたしは記憶を失ってゆく 書き溜めていた言葉は 暖炉の燃料になり すべて忘れられてゆく 遠くで機関車の汽笛が吹鳴し 雲雀は一斉に飛び立った


だれも いなかったんだ

f:id:mrcr:20160409215834p:plain


Remove all ads