421

どうしても辿りつけない先にきみの指ではなくて夢 叶うとか叶わないとか どちらでも良くて現 水辺でわたしは眠る 草むらの中でしびれる足 馬の嘶きと みなしごの泣き声で きょうも日が暮れてゆく 何も為すことが出来なかった 何もすべきではなかったから

Remove all ads