452

何も恐れずに生きていられたら往い 小雨のなかを 濡れながら そう願いながら歩いた 頭のなかで流れるの祈りの歌 主によって我等はひとつに なれたら

払拭された不安 乾いた道路 明日からまた 晴れるらしい 
Remove all ads