Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

460

真夜中の貨物列車が 汽笛を鳴らしながら通り過ぎてゆく ヴォトカは透明な瓶から 流れてゆく かつて兄弟であった かもしれない まだ見ぬ国の誰か すれ違うのはいつも歩車分離信号のある交差点で 急ぎ足だから気付かない 針葉樹林の無い 穏やかな気候の街で 虎は檻の中 吼えることも辞めた 河はそれでも 流れる 生命ある限り

f:id:mrcr:20160519004554j:plain

Remove all ads