464

忘れるような痛みが青痣になってしまい気が滅入る

あの人は傷ひとつ付けずに 何処かへ行ってしまったから わたしはきっともう 思い出すことが出来ない それは悲しいことなのだろうか わたしはいったい何を望んでいたのだろう
Remove all ads