496

七夕の催しが始まっていたので ふたりで短冊に願いごとを書いて飾りに行った

色とりどりの紙に書かれた 願いごとの多くは若いひとたちによるもので だれそれと付き合いたいとか 何かになりたいとか 未来への期待が込められていて 眩しかった わたしは 彼女とずっと一緒にいたいと書きたかったのだけど なんとなく 気恥ずかしくて書けなかったので 言葉を変えて願った
Remove all ads