555

森の中を線路沿いに歩いたけれど死体は何処にもなかったし 川沿いは草が刈り取られて整備されていたので 新しい物語は生まれなかった 夏休みにわたしは部屋で映画を観た 消費されてゆく時間と ルートビアとポップコーンが わたしの胸を灼いて 結局ぜんぶ吐いた 何も残らなかった

 
知らないあいだに 高校野球が終わってしまったので なんとなく悲しい もうほんとうに夏がいってしまう 暑くて 気だるくて 体調を崩しがちになる ろくでもない季節なのに 過ぎてゆくのは寂しい きっとジャニスの歌のせいなのだろうと思う
Remove all ads