565

煙草を喫むのを辞めて夏は過ぎた このあとは幾ら暑くたってもう夏じゃない 週末もう一度泳ぎに行きたいとは思うけれど それは名残を惜しみたいからというだけのこと

花火をしなかった
去年もしていないし その前もしていないから すっかり忘れていた 来年はするかもしれない 赤子も歩けるようになっているだろうから 子供のときは 近所の駄菓子屋が 夏だけ花火屋になったので 週末ごとに遊んだものだった 天気が悪い日に 土間でやろうとしたら 絶対にいけないと 厳しく叱られた 今ならわたしだって止める
Remove all ads