Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

576

嘘ばかり書いているので 叫ばれる愛も 暴言も 絵空事だとばかり思っていたのだが そうでもないらしい

詩人は恋をしなくても 恋の詩を書くけれど Love & Peace 反戦の詩はほんとうのことで 人類が滅亡しますようにと叫んだ言葉はほんとうじゃないなんて どっちでもいい たいせつなのは 自分自身がどう考えているかということ どのように生きているかということ

Remove all ads