586

夢だった 夢ではなかった 夢なら良かった 夢のつづきは また夢


カラフルなゼリーで構成されている あなたの唇の赤 あなたの瞳の緑 あなたの嘘は透明で しゅわしゅわと泡を立てる炭酸水 黄色い檸檬が薄い輪切りになって浮いている 窓の外は雨 洗濯物は乾かない
Remove all ads