Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

604

合コン必勝法で覚えた技術と知識をもとに わたしは完全な良い女になる 着飾って髪をまとめ 化粧をして にこにこしながら適当なタイミングで相槌を打つ 煙草は吸わない お酒は細いグラスに注がれたブルーのカクテル それがわたしに似合うから いいのよ味なんかどうだって

 

ああ ヴォトカ 若しくはウィスキーを!ダブルで

喉が妬けそうなほどの情熱がほしい 退屈な話は聞き飽きた ペットの手乗り文鳥がどれだけ愛らしいか 彼らは酔うのを待って しぶとく聞き続けているけれど 小鳥はもっと前 蛇に食べられて死んでしまった 蛇は鳥かごのなか とぐろを巻いて動けなくなったところを おじいちゃんが河へ籠ごと漬けてきたっていうのに

 

 

Remove all ads