672

与えられているとき 価値に気づかないのはよくあることで 空の色を忘れてはじめて 彼は海の蒼さを知った (しかしそこにもはや海は無いのだ) 河は凍てついて流れない

緩やかなカーヴが 躊躇う心を包むように添うので ここいらは自殺志願者があとをたたない 欄干に花を手向けることは 禁止されている 水面へ投げ入れることも
Remove all ads