Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

678

契約を結ぶことで得られる確実な安心感 魔法の呪文で開かれる扉 机のうえにはパンとワイン 整えられた寝台 なにも恐れることはない わたしはひとりで水になる 情熱で燃えつきたあなたを濡らすための水になる

深夜 排水口に耳を近づけて わたしのことを思い出して下さい 水の流れるところ あらゆるところで あなたを愛しています
Remove all ads