679

流れてゆく時や記憶や命を それでもすくい続ける 指の隙間からこぼれ落ちようと 何度でも 出来る限り 弔う 光のかけらを透かして虹をつくるみたいに

Remove all ads