690

マシュマロみたいな女の子になりたかった そうして あの人にやさしく撫ぜられて 舐めて 舌の上で溶かして欲しかったんだ

指が内臓のなかで動くあの感覚を 今でも覚えていて 鏡の前で絡みあう肉体が現実とは思えないほど憂鬱にみえた 浮遊感は痛みで引き戻される マシュマロになれないわたしは溶けずに腐ってゆく 飛ぶことも沈むこともしないで

f:id:mrcr:20170104192310j:plain

Remove all ads