Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

702

とても美しい翡翠に似た瞳の女と再会した 奥行きのある緑の瞳孔 その縁はほんのりと赤みがかっている 生まれつきそのような眼であるそうだ 明るい茶色の髪と 白く柔らかそうな肌 そしてルージュで塗られた紅い唇 何もかもが彼女の存在を完璧に構成していた 彼女の眼がどうか悲しみに濡れたり 曇ったりしませんように
Remove all ads