Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

751

視界が曇り 靄が見えると思っていたら強い雨が降り出したので 街行く人々は慌てて走りはじめた まるで夏の夕立みたいだ! 窓硝子に打ち付けられた雨粒はどんどん流れて 滝のように激しく降っている しかし長くは続かないだろう 西の空は既に明るくなっている

Remove all ads