Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

810

砂利道をゆっくりと歩いた 昼下がり 風がすこし強い そういえば今年は春一番を聞かないうちに季節が変わっていたんだ

木枯らしのことも知らなかった 知らない間に年が明けていたんだった

 

声を聴きたい そう思うけれど なにも話すことがない 聞きたいこともない 電話は好きじゃない 次にいつ会えるかだけ教えてくれたら切ってくれて構わないとさえ思う でも あなたの声が聴きたい

 

雲雀が歌うように 風が轟くように 蜂が花から花へと飛ぶように 雨粒が窓を叩くように 木々の枝葉が揺れるように 河が流れてゆくように あなたの声が聴こえたらいいのに

あなたの声が聴こえたらいいのに

f:id:mrcr:20170504223019j:image

Remove all ads