857

甘い香りの女の肌は陶器で出来ているので その声も空洞の壺のなかで響くように高い 壺は朝 満たされる 夜に乾いてしまうのは至極当然のことだ 油で磨かれた手脚はしなやかに動き 心臓は適切な速度で脈を打つ 誰かに教えられたわけではなく 予め設定されているのだ もっとも自然で 歪みなく 正確に 美しくあるということを

 

煌めく流動体をすくった女の指が 娘の目蓋に触れると その顔にたちまち生気が溢れ出した 雲母の粒子が光をもたらす ささやかな魔法は彼女の一日を照らすのだろう

Remove all ads