980

誰のことも忘れていくのだ 嘘も本当もないまぜにして 傷は出来るだけ浅くなるように 痕が残らないようにしなくてはいけない

 

なにが最善であるか 犯した罪を償うため最良の方法を彼は苦心して選び出す もはや手遅れである事実を目の当たりにして それでも生きていかねばならないなら どうにか


わたしは彼らの平穏を望む

 

f:id:mrcr:20171021161955j:image

Remove all ads