993

ニルゲンドヴォにて畑の隅で眠る 午後 枯れた枝についたまま 干からびた赤い木の実だけが色彩を憶えている

Remove all ads